FC2ブログ

ぶどう畑で逢いましょう

ドメーヌ ナカジマ  ペティアン2018 リリース開始!

2010年5月15日(土) 快晴の空 寝坊の本

今日は
ここ数日の寒さも和らいで、いい天気!
そら
空気が透き通って、どこまで~も見えます。

畑の隣の山は、
新芽が一斉に萌えております。
新緑
とてもキレイ!
飛行機雲も気持ち良さそう^^

あと、
畑に植えようと思っている
アーティチョークの芽。
数日前に種を植えました。
アーティチョーク
アーティチョークは2年目以降の花を食べるので、
今年は成長を見守るのみです。

葡萄の木も
芽吹きが進んでいます。
特にシュナンブランは早いです。
一方でソービニオンブランはまだ1本以外皆寝てます。寝坊軍団です。


寝坊といえば、、
最近寝坊気味です。

その理由は、、

先日飲み会のために東京に戻ったとき、
経路である京葉線で人身事故が発生。
仕方なく東京駅の本屋でうろうろしていたんですが、そこで!

物理好きの僕には気になる本があったので衝動で買ってみました。。
ほん
この本、
凄すぎました!

期待を遥かに超えてました。
ここ数年の中でも特大ヒット、
というか特大ホームランです。

書いてある内容を一言で言うと、、

物理の観点から見ると
時間は過去から未来に流れていない。
時間に過去や現在や未来というものはない。
過去が確定していて未来が未確定、ということはなく、
どちらも確定していて、
「過去→未来」という流れも
「未来→過去」という流れも、そもそも方向性もない。
ただそれぞれの時間に、ものごとがある、それだけ。

人間が感じる
「時間は過去から未来に流れている」という感じは
人間独自の特別なことで、
人間が「記憶」と「意思」という機能を
持っているために生じている、そうなんです。

そんな物理の本でした。

科学的に「時間とは?」と考えることが、
回り回って「人間とは、、」ということが分かってくる。
科学という領域を超えた新しい何かを教えてくれました^^

それにしても、
物理学者は凄いです。
人間の誰もが疑わない人間独自の常識の壁を、
ただ思考するだけで突破しちゃうんですから。。。
スポンサーサイト



  1. 2010/05/16(日) 02:30:47|
  2. なかじまくん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2010年5月19日(木) ミラーもげ | ホーム | 2010年5月8日(土) 芽吹くと早い!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://monvignoble.blog90.fc2.com/tb.php/329-f9645615
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)