FC2ブログ

ぶどう畑で逢いましょう

ドメーヌ ナカジマ  ワイナリ直売2018 GWから始まります!

2013年9月28日(土) カベルネフラン収穫日を決めました

カベルネフランの収穫日を決めました。

10月12日(土),13日(日)です。

ご興味のある方は、
お手伝い宜しくお願い致しますm(_ _)m

ちなみに今日のデータですが、
糖度19.0 
pH 3.3
TA 0.96
まだ酸っぱくて来週末には酸が十分下がらないと思ったので、
再来週末に決めました。

それでも酸が下がりきらない時は、メルローをブレンドすると思います。
フランだけで樽の容量に満たなければどちらにしてもメルローを
ブレンドすることになると思います。

お手伝いして頂ける方はメールや、
このブログのコメント(匿名チェックをつけて)などでご連絡下さいませ。

上信越道の東部湯の丸ICに朝10時集合になります。
すみませんが、葡萄収穫なので雨天だと中止になります。

宜しくお願い致します。
スポンサーサイト
  1. 2013/09/28(土) 19:52:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2013年9月21,22日 メルロー収穫

祝 初 収 穫!

最初の収穫はメルローです。
メルロー
思ったより収穫量が多くなりました。
手に持っているのが丁度いい大きさ。

こっちは
ちょっと大きい。
大きい房
まだ若い木だから、
今年はあまり沢山成らないと思っていて房を整形していませんでした。

でも今年から予想以上に多く成ったので、
来年は房を小さく切って沢山成りすぎないように調整します。

黒い宝石
除梗後
綺麗に除梗出来ました^^

糖度19.2 pH3.3 総酸7.35(g/L)

標高が高くて冷涼な東御らしい
綺麗な酸のあるメルローになりそうです。

収穫量はちょうど、1本の木に1ボトルです。

そして
少人数で大変でしたが、
遠くからお手伝いに来て頂いて、有難うございました!!
  1. 2013/09/24(火) 22:13:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2013年9月19日(木) 害獣チェック

いよいよ あさって、
メルロー収穫です。

販売するワインとして最初の収穫。
他のワイナリで沢山葡萄を収穫してきましたが、
自分の葡萄だと思うと、やはり特別で、ドキドキします。

その葡萄を狙うケモノがいます。
毎日チェックして、対策をして、もうメルローの食害はなくなりましたが、
それでも一応毎日食害チェックは欠かせません。
気づかないと無くなっちゃいますから^^;

メルロー

よく熟れています。
酸の無くなりやすいメルローですが、
涼しいこの畑ではまだ酸味が残ってくれています。

メルローは初収穫の年なのに、とても豊産。
良いワインを造るため、来年は少し収量制限しないといけないです。
自分の畑の管理は、いろいろと経験が必要になってきます。
畑 x 葡萄 の特徴を早く把握して、
どんどんいいワインを造りたいです^^
  1. 2013/09/19(木) 22:39:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2013年9月14日(土) メルロー収穫の予定日

メルローとシュナンブランの一部の収穫日を

来週の
 土曜日 9月21日(土) と
 日曜日 9月22日(日) にすることに決めました。
※22日も晴れのようなので、2日間で行います!(9/16訂正)

もし収穫のお手伝いができる方は
ご連絡の上、お手伝いをよろしくお願い致します。

場所は 上信越道の東部湯の丸IC近く
時間は AM10時集合です。
    畑の場所をご存知の方は早着、遅着もOKです。

ちなみに
9月5日 → 9月13日 で数値がこのように変わりました。

糖度 15.7度→18.2度  (→20度ちょっと)
pH 3.0→3.2
総酸 0.998→0.885(酒石酸換算)

酸の味わいが丁度いい収穫タイミングになりそうで、
綺麗なメルローのワインになりそうです。

8月中旬までの強い乾燥でフランの下2葉程が早期落葉したり、
8月下旬の2週間の雨で葡萄の葉が病気などで疲れているので、
今年は晩塾フランより早熟メルローの方が
いい実が収穫できる気がしています。


お手伝いして頂ける方は
このブログのコメント(匿名で投稿)、
またはメールでご連絡をお願い致します。
ブログのコメントの方は連絡先メールアドレスをご記入ください。

お昼ご飯&少しワイン(?)を用意してお待ちしております!
ご返信として詳細をご連絡致します。

よろしくお願い致します。
  1. 2013/09/14(土) 10:02:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2013年9月9日(月) フランはまだまだ

今日は
久しぶりの快晴。
ジメジメがやっと解消されてひと安心です^^

今年はちょっと葉が茂りすぎかも。元気がいい。
フランの畑
風通しの悪いところに
さび病が部分的に出ています。

この時期は実があって、幸せな眺め。
フランの列
来年はもっと沢山実が成ります。

カベルネフランは、
やや黒
少しまだ赤いけど、
結構色づいてきました。
果汁のピーマン香は大分減って、もう甘味も感じます。

と思いきや
まだ青い
まだ青い房ばかりの木もあります。
果汁は凄いピーマン風味で、味もまだ酸っぱい!

メルローはこんなに
個体差はないんですが。

フランの収穫は成熟度に応じて
複数回に分けないとピーマン風味になっちゃいます。
この個体差、木が若いからかな?

果汁分析も粒サンプリングが難しいです。
仕立てもまだ太い枝が揃わないので、
同じ樹の中でも房の成熟度がまちまちです。

熟した房だけを上手く収穫して、
さらに時間差収穫の葡萄を上手に醸造する作戦も考えないと。
フランは少し難しいな。。。
  1. 2013/09/10(火) 00:21:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2013年9月8日(日) ありがとうございました!

お蔭様で

第1回ワイン会員募集が目標数に達しました。
お申込みやお友達のご紹介 本当にありがとうございました!

責任やプレッシャーを感じつつ
ご期待に応えていかねばと思っております。
今後とも宜しくお願い致します。
  1. 2013/09/09(月) 01:52:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2013年9月6日(金) 収穫の時期

今年の収穫時期を探るために
最初に収穫するメルロで果汁分析しました。

9月5日メルロ

糖度 15.7度
pH 3.0
総酸 0.998(酒石酸換算)

糖はお天気次第で上がってきます。22度以上だと無補糖なので嬉しいです。
pHと総酸はどちらも酸の程度で、
pHは低いほど保存性や安全性が高く、だんだん上って行きます。
総酸は味の酸っぱさで、だんだん下がっていきます。
果皮の色づきや香りも食べて判断します。
あと実の病気や、葉っぱの病気も気にしないと。

腐敗果が少なく、
アルコール度数に十分な糖度があって、
酸っぱさが丁度よく、
安全にワインが醗酵&貯蔵出来る葡萄が収穫できれば◎です。

メルロは9月後半になるでしょうか。
順調に熟してくれることを願います。
  1. 2013/09/06(金) 22:20:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2013年9月4日(水) 温めますか?

今日は
みっちり草刈。

秋は忙しいので、
出来ることは早めに済まします。
草刈のほかに、鶏小屋の模様替えも。

鶏の寝床を掃除していたら、
気づかなかった卵を22個も見つけてしまいました!
たまご22
養鶏の本によると、
鶏は卵が8個くらい溜まると親鳥が温め始めるそうですが、
卵はコロコロ転がっていて、そんな気配は見られません。。。
ブラウンガールズ、女子力足りないのかな^^;

とりあえず卵、貰っていいのかな?
それとも、、
  1. 2013/09/04(水) 21:24:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2013年9月3日(火) フランも色づき

今日は
晴れ、時々、雨。

近頃はデスクワークが多く、
今日やっと畑仕事が出来ました。草刈と摘心です。
雨と多湿が続いていて、病気が心配です。

今年初収穫予定のカベルネフランが
フランのべレゾン
色づいてきました^^
フランは晩熟品種で、収穫は最後。
今はまだ、果汁は酸っぱく、ピーマンの香りでいっぱいです。
  1. 2013/09/03(火) 22:04:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0