ぶどう畑で逢いましょう

ドメーヌ ナカジマ  ワイナリ直売2018 GWから始まります!

2011年11月24日(木) デジカメがないので、研修後記


こんにちは。

ドイツから帰国して1週間半。

時差ボケもすっかり治り、
少しずつ畑仕事を開始し、ほぼ復活しました。

でも、今デジカメが手元にないのでブログはサボってます^^
あと1,2週間で復活します。

そう、今週末のfestivin、昼の部のチケットをゲットしました。
楽しみ^^


* おまけ *


ワインを飲みつつ、、研修後記

ドイツでの二ヶ月で
醸造の勉強が沢山出来たのですが、
それに伴って
自分のテイスティングも大きく変わりました。

その中で特に確認するのが、
「ブドウはどんな味だったのか?」
です。

今年の研修では
前半の一ヶ月間の昼間は
ぶどう畑で収穫を手伝っていました。
(そのあと夕方18時から夜26時まで醸造所の手伝いでした^^;ヒィ~)

収穫する品種は沢山あって、

ヴァイスブルグンダ(pinot blanc)、
ミュスカデル(アルザスのミュスカと同じ?)
ミラーテュルガウ
グラウアブルグンダー(pinot gris)
シャルドネ
リースリング
ゲビュルツトラミナー
シュペートブルグンダー(pinot noir)

その畑では
基本的にブドウは食べ放題なので
沢山食べたのですが^^
おかげで品種の個性の違いを知りました。

酸の質や量、甘さ、
皮の質や香りや渋み、果汁の濃さや余韻、、

味のバランスは
もちろんそれぞれ違っていました。

その同じ品種のブドウでも、
区画、収穫タイミング、房の日当たりで味が大きく変わるので、
時間的な変化や葡萄の管理による違いも確認できたりして。

そのブドウの味を知った上で、

醸造中のワインや
出来上がったワインと比べてみたら、

やっぱり
原点のブドウの味が
基本なのは変わらなかったです。

いいワインになる区画のブドウは
やっぱり素晴らしい味でした^^

そうでない区画のブドウは
やはり、それなりの味でした^^

知れば知るほど
ワインの奥深さを知ります。
ワインというより、
単純な自然のルールの確認ですね。


ではまた。
スポンサーサイト
  1. 2011/11/25(金) 01:41:38|
  2. なかじまくん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2011年11月13日(日) 帰宅と畑の確認

昨日
ドイツから帰国して
長野まで帰ってきました。

朝起きると午後の2時!
正確に8時間時差ぼけ状態です。
僕の体内時計は精度が高そうです^^



とりあえず
2か月半ぶりの畑へ。

もう葉っぱも落ちて
冬景色かと思いきや、、

vigne

まだ緑の葉が多く残っていました。
暖かかったんですね。

みんな特別に異常もなく、
元気な様子で良かったです。
とても安心しました。

葉っぱも残っていて、
来年への貯金も十分かと思います。

それと

sauvignon

ソーヴィニオンの実。

干からびた実はあるものの
元気な実もしっかり残っていたのは良かったです。
貴重な味見ができました。

おまけに
柿の木にも秋。

柿

地主さんに聞いたら、
柿はちょうど今が収穫の時期のようです。
渋柿なので干柿にしてみようかな。暇があれば。。。

良い畑  良い葡萄  良いワイン

沢山勉強できたので、
これから忙しいですよ~^^
  1. 2011/11/14(月) 01:17:48|
  2. なかじまくん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2011年11月8日(水) de ボーヌ a ディジョン

今日は
ボーヌからディジョンへ移動の日。

でも時間があるので、
コートドールをドライブです。

ルフレーヴのモンラッシェ とか
montrachet

ロマネコンティ とか
ロマネ
みーはーですね^^
でもワインの神様に成功祈願です^^

今年はブルゴーニュも収穫が早かったそうですが、
その葡萄の取り残しを食べると、まだまだ元気でした。
(元気なのはルロワとかの畑の葡萄だけですが)
厚みのある酸味と分厚く硬い皮。
ヴァンダンジュの2ヶ月後とは思えない充実した葡萄つぶでした。

日本に帰ったら、
自分の畑も、
あんないい畑にしたいなぁ って思いました。

そのブルゴーニュの目的は
畑見学とかではなく、
1年ぶりのお友達とのお食事会です。

ボーヌからディジョンへ、普通は30~40分で着くんですが、
いまディジョンは街中が大工事中で、、
夕方の渋滞にもぶつかり、、
一方通行も多くて、、
カーナビも地図もなく、、
ぐるぐるとディジョンの街中を回ること2時間!

やっと今日のホテルに到着^^
かぁ~、ディジョンは大きい街でした!

でも待ち合わせの時間にはギリギリ到着。

待ち合わせは、
ディジョンのちっちゃい凱旋門の近く

凱旋門

その凱旋門は青くライトアップされていました^^

フランスで頑張っている人の話を聞くのは良い刺激になります。
自分も頑張らなきゃ、って感じる機会になりました。
こういう人が近くに居るだけで
世界が広くなります。
というか、
広くなってます。


このお食事会で、旅のすべての任務が完了しました。
あとは生きて帰るだけ^^

ほろ酔いの帰り道、
フランスはクリスマスの準備中。
いるみ

それでは^^
  1. 2011/11/10(木) 06:02:39|
  2. なかじまくん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2011年11月6日(日) ヴィシー(Vichy) と パレイ ル モニアル(Paray le-Monial)

今日は 日曜日。
すべてのお店がFermeの日。

クレルモン・フェランから出発して、
温泉地ヴィシー(Vichy)を通り、
宿を取ったパレイ ル モニアル(Paray le-Monial)までドライブです。

昨日、
僕の特に好きな醸造家を訪問して、
今年の旅の目的はほぼ終了したので、
今日から気楽な旅になります^^

さて、

ヴィシーはただの温泉地ではなく
かなり大きい街で、都会の雰囲気が漂っていました。
入浴温泉はありませんが、プールなどは見かけます。

街の真ん中の公園は温泉の源泉公園になっていて、
4種類ほどの温泉を飲むことができます。

vichy1

その中でもこれは炭酸泉。

vichy2

炭酸がプクプク!
かなり硬度が高い炭酸水でした。

この炭酸水でジャガイモを煮て作るのが
あのヴィシソーワーズでしたよね。

でも僕は硬い水も炭酸水も好きではないので^^ ひとくち味見して、 ポイ!!
硬い水は異物感を感じてしまいます。
炭酸水はどこか生臭い気がします。

他の3種類の水は鉄分や硫黄分があって、
お風呂にするなら濃くて良さそうですが、
飲むのはキツイです。 これもひとくちで ポイ!
でもペットボトルで汲んで帰る人が多かったです。

ヴィシーはおしまいにして、
もう少し北東に移動し、今日の宿へ。。

きっと有名ではないと思いますが、
パレイ ル モニアルという街に今日の宿があります。

ここがとても綺麗な街でした。

Paray le-Monial

運河があり、
大きい立派な教会があり、

Paray le-Monial2

街中はゴミがほとんどなく、
壁にスプレーの落書きなどもなく、、
歩道のタイル張りがとても綺麗でした。

Paray le-Monial3

観光客も日曜日なのに大勢いました。
店は99%お休みなのに。。

予定にない観光ができて良かったです^^

明日はボーヌまでドライブです。
  1. 2011/11/07(月) 04:41:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2011年11月3日(木) コート ロティ (Cote Roti)

今日は
コート ロティの周辺をドライブしました。
というか、寄り道しました。

cote roti1

右に少し見えるのがローヌ川です。
ここはリヨンから車で30分程南下したアンピュイ(Ampuis)という街。
街中にはドメーヌ E・ギガルがありました。
畑の看板にはシャプティエなども見えます。

街からは葡萄畑が良く見えて、
脇道に入るとすぐに葡萄畑です。

葡萄の木は棒仕立てで、
近くで見ると2本の斜めの支柱が1セットで縛ってありました。

cote roti2

今日だけかもしれないですが
とても風が強くて、カメラを構えるのも大変な程です。
しっかりとした補強が必要そうです。

1本の株に
4~8本のシュート(結果枝)がありました。

このような葡萄畑が
どこにでもあるわけではなくて
ローヌ川が削った河岸の西側の斜面だけにあります。

cote roti3

西側は東向き斜面なので、
朝日は当たるけど、西日は当たりにくくて、
cote roti という名前のとおりの 焼けた斜面 というほど
あつあつなだけの斜面ではない気がします^^

でも傾斜はとってもキツくて日当たり抜群です。
機械は入れないので人の手がかかりります。

コート ロティ。
多少ワインのお値段が高くても、
急斜面で葡萄のお世話をする作業者の給料だと思って
頑張って払わないといけないですね^^
その甲斐あって十分美味しいですけど。

では。
  1. 2011/11/07(月) 01:41:08|
  2. なかじまくん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2011年11月2日(水) Mont Blanc (モンブラン)

今日は
エマン湖から
モンブランの麓を通って、
Aix les bains(エクスレバン)までドライブです。

モンブランの頂上はスイスではなくフランスとイタリアの国境にあって、
その麓のフランス側にあるChamonix(シャモニー)からモンブランを見ました。

mont blanc

モンブラン以外にも氷河の跡が残る山や、

別の山

ローヌの谷

vallee du rhone

何という世界なのか。。。
まさに辺境の世界です。

この下に見えるMartignyという街から
ここまで車で登ってきました。

今日のドライブには
見どころはまだまだ沢山ありました。
エマン湖のリゾート観光都市

まち

万年雪の積もる山

別の別の山

フランスに入っても
ごっつい山はまだまだ続きます。
湖畔の街

今日は
寄り道しないで6時間のドライブ。
トレッキングの人や、自転車でツーリングする人たちが沢山いました。
もう少し寒くなればスキーリゾートにもなるようです。

モンブラン観光ツアーのつもりでしたが、
いろんな未知の世界が見れました。

未知との遭遇、
僕には刺激的なドライブでした。

通り過ぎただけですが、
スイスは美しい、素敵なところでした^^
60歳を過ぎたらもう一度来たいです。

では。
  1. 2011/11/03(木) 06:06:15|
  2. なかじまくん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2011年11月1日(火) これ以上ない景色

今日は
昨日の予定通りに
スイスのエマン湖(ジュネーブ湖)にやってきました。
フライブルクからはバーゼル、ビール湖、ヌーシャテル湖経由で、寄り道しながら6時間でした。

エマン湖の北側
ラヴォー地区の葡萄畑は世界遺産として登録されているんです。

日当たりの良い南向きの急な斜面に
無数のテラス状の葡萄畑が広がっていました。
Lavaux
今ちょうど黄色く紅葉している時期で、すばらしい景色でした!

 青く透明なエマン湖

 黄金のラヴォーの葡萄畑

 その向こうには、白い頂きのアルプス

景色をいちいち説明してもしょうがないですが、
これ以上ない景色でした。

葡萄は主に白品種のシャスラで、
急斜面なので、ほとんど棒仕立てでした。

すべての葡萄が、
今年一年の仕事をすべて終えて、、 

ほっと一息。。
ぶどう
今の僕と同じ気分です^^

なんてね。


明日はアルプス モンブランを目指します!
  1. 2011/11/03(木) 05:01:49|
  2. なかじまくん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2011年10月31日(月) フライブルク観光

昨日から
冬時間が始り、
日本との時差は7時間から8時間に変わりました。

醸造修行は先週で無事終わりまして、
今日からヨーロッパ観光のスタートです。

今日は
お世話になったワイナリに別れを告げて、

すうじつまえ

電車でフライブルクまでやってきました。

早速フライブルクをお散歩。
大都市というほど大きくはない街です。
中心には大学があって若い人が多くて、 買い物スポットも沢山あり、、、

かいもの

これはショッピングセンターの1オイロ(=ユーロ)コーナー。
スタバあり、H&Mあり、普通な感じの匂いがします。

でも巨大なカテドラル?教会?のある古い市街は
観光地として、人通りも結構多いです。
明日がドイツは休日なので、
今日はその狭間で休む人が多いのだと聞きました。

カテドラル

その古い街のすぐ先には、
お城(シュロス)のある山(ベルク)が 綺麗に紅葉していたり。。。

シュロスベルグ

小ぢんまりした都会というか、
コンパクトにまとまったいい感じ地方都市でした。

散歩も終わりって
遅いお昼には、ドイツではよく見かける、ドネルケバブへ。

ドネルケバブ

注文方法が良く分からなくて、
包んでいないお皿タイプのケバブ&サラダ&ポテトが出てきました。
美味しくもなく、まずくもなく、といったところです^^
ファーストフードですから。

あと、
これからの旅で

朝に味噌汁を、
そして夜にカモミールティーを飲むために、

電気ポット

電気ポットを購入!15オイロです。
早速、カモミールティーを。

カモミールティー

ふぅ。
落ち着いたぁ~。

夜はカフェインのないカモミールティーが落ち着きます^^

あと、ケバブが遅かったので
夕飯は軽めにお寿司パックです。

すし

酢飯に何かが入っているけど、良く分からない寿司です^^
付属の醤油がとても酸化していたのが残念です。

あとは、

カットフルーツを食べて、気分をさっぱりさせて、
日記を書いて、
本日は終了。


明日はスイスのレマン湖
世界遺産になっているラヴォー地区の葡萄畑にあるオーベルジュに宿泊です。

すごく たのしみ^^
  1. 2011/11/01(火) 05:16:56|
  2. なかじまくん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0