FC2ブログ

ぶどう畑で逢いましょう

ドメーヌ ナカジマ  ワイナリ直売2018 GWから始まります!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

22018年7月上旬 暑かったり、大雨だったり、、

7月上旬は
梅雨らしい空。

その中で特に7月10日の大雨は
田んぼの土手が崩れるくらいの記録的な降り方。

雨と暖かさで、葡萄はグングン成長します。
成長中
出来たばかりの瑞々しい枝葉。
また新しいヴィンテージを迎えているなぁ、と実感します。

結実したフラン
フラン
今年は粒少ないかも。

こちらはメルロ
メルロ
この樹は例年並みですが、
毎年難しい区画では、今年もやはり結実不良が多いです(/ω\)

ピノグリは若いのにしっかりと結実。
グリ
頼もしい新人選手です(^^♪

もっと新人の、、接ぎ木たち。
接ぎ木
遅くなってしまって、凄い根っこ!
接ぎ木床から、ようやく地植えにしてあげられます。


夏野菜が出始めて、ラタトゥイユ!
ラタ
玉ねぎとトマトが多めで、甘くて、酸っぱい!
タイムたっぷりでいい香り(^^♪

たまには飲み会も。
のみかい
いいワインを飲むと、元気が出ます!!(^◇^)

それにしても、
日本も世界も、異常気象がどんどん酷くなってきました。
この調子では、人間は生き残れないのかな。。
スポンサーサイト
  1. 2018/08/06(月) 16:10:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2018年6月後半 すくすく

6月後半。

しあわせな景色 ☆彡
すくすく
太陽を受けて、生命力が爆発!

結実の頃。
ぐり
まだ製品化していないピノグリ。 しっかり結実完了しました。

ピノらしい 
小さい松ぼっくりの形が可愛いいです。

この時期に増えるマメコガネ君と、肉食系女子(クモ)。
くも
両まわしをしっかり取って、、もう、お手上げみたい。

遠くブルゴーニュの葡萄畑の地質学者フランソワさんが東御まで来てくれて、
うちの畑も見て貰いました(^^♪
穴掘り
70cmまで頑張って掘ったら、

太い葡萄の根っこが70cmより深く伸びていました\(-o-)/
深いね
湿った粘土質で、もともと水はけは悪い地質ですが、
伸びにくい環境でも葡萄の根は深く伸びていました。

傾斜で排水が助けられたこと、
みみずや微生物たちが多く、地中深くまで空気の通り道ができていること、
土を固めてしまう重いトラクタやスプレイヤを畑に入れていないこと、

葡萄の為に良いと思って何となく色々やってきて、
それがちゃんと葡萄の根を深くまで伸びるのを助けていました (^^♪

葡萄を育てていながら、
植物や微生物など知らないことだらけです。

生命の不思議が ワインの美味しさの不思議と直接関係しているのが嬉しいし、
だから自然と深く関わるワイン造りは、本質的に奥深くて面白いんだなぁと再認識しました (/・ω・)/
  1. 2018/08/03(金) 23:13:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2018年6月21日(木) 開花後半

6月後半
いまはブドウの花が咲いています。

例年通りの梅雨の時期なので
開花→受粉→結実 が無事に終わるか
天気や気温を毎日気にして過ごしています。

開花が無事に終わると、、
フランの実
これはフラン。 
つぶつぶ、これから大きく成長します。

開花中も
ブドウは上にも成長して、、
成長中
今はワイヤーの真ん中の高さ。
このシュナンは芽欠き2回目の途中なので、急がなきゃ。。

シュナンの芽欠き中に見つけた、、
プニュっとした、、
きくらげ
きくらげ?
シュナンときくらげ 相性いいみたい ?

今週に開花が終わって、
来週くらいに2回目のボルドー液散布です。
散布の前に、草刈と誘引が必要なので大忙しです (◎_◎;)

忙しい x 蒸し暑い 

ここから一番きびしい季節。 がんばるぞぉ!
  1. 2018/06/21(木) 22:03:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2018年5月21日(月) すずしい初夏

5月の連休も終わり
バタバタとした日々。。

連休後から涼しい初夏です。
空には色んな空気が行き交っているみたい。。
くも
明け方最低6℃、日中最高25℃、まだ毎日霜注意報。
寒暖差で、体もやや重いです。

今は芽欠きのとき。
めかき
特にシュナンブランは、つぼみの無い枝が2/3もあり
花なしの枝を落とすと、必要な枝数がいつもギリギリ。

肥料を撒くけば花芽が充実するのですが成りすぎも心配で、
成りすぎると密着性の房のシュナンは裂果の危険性が高まってしまいます。

待ったなしの芽欠きに専念出来れば良いのですが、
まだ、、
なえうえ
苗植え(移植)を実施中('Д')

早く進んだ暑い春、
その作業遅れを涼しい今のうちにキャッチアップできるか、、
頑張らねば(´・ω・`) 
  1. 2018/05/22(火) 00:01:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2018年5月10日(木) 森田屋さん @愛知県 豊橋市

愛知県豊橋市の 森田屋さま
と、お取扱いを始めさせて頂きました。

先日来日のオベルノワさんのセミナーにも
参加されたナチュール押しの酒販店さまです。

愛知県では森田屋さま1軒のみです。
今年はペティアンたくさんありますので、、 (^^ゞ

愛知県の皆様、ぜひ宜しくお願い致します m(_ _)m

ペティアン17 
GWに飲んだら、澱の旨みがワインに溶けて
半フレッシュ半熟成で、複雑で良い感じでした( `ー´)ノ

泡も今のLOTから1.2気圧→1.4気圧と若干高めで、
夏向きとなっております。でも、ちょいヌルめの温度で
まったりした味をお楽しみ下さい(^^)/
  1. 2018/05/10(木) 23:46:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。